アーティスト紹介 その1 ・ パスカルズ。

亀フェスまで残すところあと一ヵ月を切りました。

現在スタッフはアーティストと出店者との調整、
会場となるピーターパンの森では会場づくりを続けています。
ここで改めて出演アーティストの紹介をしたいと思います。

まずは、昼下がりからはじまる、パスカルズ。
当日出演メンバーのなかでは、ウクレレやボーカルの元「たま」知久寿焼さん、
チェロの三木黄太さん、坂本弘道さんは、以前、月の庭で演奏されています。
外で行う事も多かったライヴ、記憶に残っている方も多いのでは?
「たま」と言えば、パーカッションの石川浩司さんも、一度亀山にいらしています。

さてこの方々、言葉で説明するのはものすごく難しいのですが。。

扱う楽器を並べてみると、アコーディオン、ピアニカ、ギター、
ウクレレ、ヴァイオリン、バンジョー、リコーダー、チェロ、トランペット、
トイピアノ、アコースティックだけじゃありません、エレキギターもいます、
そしておもちゃの楽器、たぶん楽器でもない音のなるものまで、、
さらに動きます。踊ります。歌います。

パスカルズの名前の由来となっているパスカル・コムラードや、
映画「アメリ」の音楽を担当した、ヤン・ティールセンとも通じる、
前衛的トイ・ミュージックの世界。
もちろんパスカルズはフランスで絶賛され、
(フランス政府主催のイベントにも招かれている!)
欧州各国で高い評価を得ています。

独創的で大胆、知的で奇妙。寂しげで優しい。
驚いて、笑って、時々弾けて、時々しんみり。

楽しいだけじゃない、奇妙なだけじゃない、舞台芸術のようなステージ、
老若男女、見て聞いて楽しめますよー。
お子様連れの方にもおすすめです!

そうそう、最近NHK教育の「シャキーン!」で流れていた曲の演奏(とか犬の声とか)を担当していましたね。

バンマスのロケット・マツさんはじめ、
実力&個性派ぞろいです。

YOUTUBEにチャンネルがありますのでステージの模様を是非ご覧下さい。

亀フェス2011、パスカルズの出演時間は14時から15時30分の90分。
この日、ツアーファイナルとなります!お楽しみに!

YOUTUBEパスカルズチャンネル

パスカルズ公式サイト
[PR]
←menu