ご挨拶が遅くなってしまいました。


「亀フェス2011」無事終了しました!

早朝の雨には不安になりましたが、
天気はどんどん良くなっていき、夜も寒くなく、
素晴らしい1日になりました。

沢山のお客様にご来場頂き、本当にありがとうございました。

出店者の皆様、素晴らしい作品と、美味しい食事をありがとうございました。

今回の企画に快く出演して下さったアーティストの皆様、
最高のステージをありがとうございました。

b0225082_21544736.jpg

b0225082_21561184.jpg

b0225082_2201479.jpg


良いきっかけを下さったダーリンたかいさん、
そして、月の庭かほりさん、マサルさん、
月の庭で積み重ねて来たたくさんの時間がこの日を作ったといってもいいでしょう。
音楽に溢れる会場、其処此処にあふれる笑顔は、
企画者として冥利に尽きる光景でした。
そしてその風景は、僕たちの月の庭の記憶でもあります。

これを機に参加下さった皆様の環が広がれば幸いです。

山小屋カフェ望仙荘  亀フェス実行委員会

比田篤志 比田彰子 加藤俊介 田端昇
[PR]
# by kamefes | 2011-09-28 22:04
いよいよ明日となりました!

やはりにわか雨の恐れがあるようです。
防水、防寒具をお忘れなく!

当日券若干数あります。
皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしております。

思い思いに思い切り楽しみましょう!

いい日になりますように。
[PR]
# by kamefes | 2011-09-24 22:34
明後日に迫った亀フェス!

当日の天気予報は曇り。
場所は当初からの予定通り、
「山小屋カフェ望仙荘 キャンプ場ピーターパンの森」で
開催致します!


そこで少し注意点などお知らせします。

…山裾に位置する当地、にわか雨が降るかもしれません。
最低限の雨対策をしておいた方が安心です。

足元は硬い砂地がほとんどですが、
通路、キャンプサイト以外の敷地内は腐葉土だったり滑りやすい砂地だったりします。
また、会場まではなかなかワイルドなコンクリート舗装の坂道を下る事になります。
足元のセレクトにはご注意下さいませ。

先の台風で会場下に流れる川は増水しております。
ライブ会場からは距離がありますが、
小さいお子様連れの方は特に近づかないようにご注意下さい。

野外なのでタオルなどは必須です。
ここ何日か、夜は冷え込みます。これも軽めのもので大丈夫だと思います、
防寒着のご用意をお願いします。

会場には休憩所や乳幼児連れの方の為のスペースを
用意しますのでご利用下さい。
また、体調不良など困った事があればスタッフに申し付け下さい。

この機会にマイカップやマイカトラリーに挑戦してみては如何でしょうか?
最近は種類も多く、デザイン、収納性など選ぶ楽しみもありますよ。

場所と音と食事、最高に楽しむために準備万端でお越し下さい!
[PR]
# by kamefes | 2011-09-23 23:17
台風が2つもいますが、スタッフ達は晴れを信じて(念じて)準備を進めています。

パスカルズのステージのあと、少しの時間ですが、急遽
福島県から岐阜県に移住してこられた方を迎えて小さな講演会を
行うことになりました。

お話をして下さるのは、佐藤瑛気さん。
繋げてくれたのは、小向定さん。

サダムさんは月の庭でもおなじみの、愛知県のアーティスト。
お二人はこの夏に岐阜県高山市で行われた、被災地(特に放射能汚染地域)の
子供達を一時疎開させる活動を通じて知り合い、
東海地方で福島の人々の現状を伝える講演会を行ってきました。

そして月の庭のかほりさんもお話に参加します。
かほりさんも、福島の子供達とサマーキャンプをする企画を
行っており、その時の話を聞かせてくれます。

福島の、特に子供達と、その親の置かれている現状を知る貴重な機会になると思います。
時間、場所など詳細は当日、会場にて発表します。
ほんとうに短い時間、ライヴの合間ですが、心に留めて頂けると幸いです。
[PR]
出店者さん紹介の続きです!


・TUMUGI舎(鈴鹿) とりめし/コッフル/米粉シフォン/ジャム
 コッフルとは米粉で作るワッフルのこと。仲間と育てた野菜や果物を使い
 手づくりのお菓子やジャムなどに!

はっぱや(安濃) 焼き菓子/三重県産のお茶/紫蘇ジュース
 小さい頃にお菓子作りにはまってしまい、お菓子留学するほどに。
 紫蘇ジュースの紫蘇やお菓子に使う味噌など、素材も自家製。

・風車(かじまや〜)&糸まきうさぎ(松阪)
 ナチュラルケーキ/沖縄おやつ/ぬいぐるみ
 いつも笑顔の女将が作る、ほっこりおやつ(現在育休のためイベントで活動)と
 型紙を使わずにフリーハンドで作られるぬいぐるみの「しまっこ」ちゃん。

・我は海の子(志摩) 海産物
 漁師ならではのおいしい食べ方を伝授してくれます。

SOAPHEADS(京都) 天然手作り石鹸
 自然の成分を生かした、身体にも心にも環境にも負担の小さいヒーリングソープ。
 
革細工 銀屋(岐阜)  財布/小物
 手裁ち・手縫いによる、こだわりの革細工。

ハトエビス(京都) 木工/木彫/陶芸
 家兼工房の屋根に鳩と恵比寿さんの飾り瓦がついていて、ここから名前が
 生まれたそうな。

ことりのひるねや(津) タイ古式マッサージ /オーガニックコーヒー/雑貨
 センという考え方の基で身体のエネルギーバランスを整えます。
 マッサージ によって自然治癒力が高められるそうです。

ソクパル庵(滋賀) タイ式マッサージ/マクロビのお菓子
 亀フェスでは≪物々交換≫でのマッサージを企画しているそう!
 交渉次第でいろんなモノとマッサージを交換したりできるみたいですよ。


どのお店も素敵で、何を食べようか、何を買おうか迷ってしまいますね。
ライブと共に楽しみにしていて下さいね〜!
[PR]
公共交通機関でのアクセス

公共交通機関の場合、電車とタクシーで
当地までお越しいただく形になります。
ブログ、フライヤーに日中バスの便があるような書き方をしましたが、
日曜日は運休していました。確認不足で申し訳ありません…。
電車でお越しの場合、JR亀山駅下車、タクシーで20分ほどになります。
尚、こちらでタクシーやマイクロバスの手配は行っておりません。

当日券について

野外とはいえ、大きなホールよりは小さい会場です。
駐車スペースの都合などもあり、250人でソールドアウトとさせていただきます。
ソールドアウト、または当日券ありの情報は随時当ブログにてお知らせ致します。
ご予約はお早めに!
[PR]
亀フェスまで2週間を切りました。
当日のタイムテーブルが決定しましたので発表します!


12:00 開場

飲食、クラフト雑貨等の出店
地元アーティストのライブ(出演予定 こばやしたかよし、むーのたね)
 
14:00〜15:30 パスカルズ 

パスカルズ出演の後も、まだまだ出店者は会場に残ります。
そして引き続きステージでは、、

17:00〜 おもろのきわみ

17:30〜 矢野絢子

18:00〜 山口洋、RIKUO、中川敬
    
山口洋、RIKUO、中川敬の順でステージに上がる予定です。
もちろん、3人の共演も見られますよ!

21:00 終演


以上の予定です。
尚、都合により時間、順序を変更する事があるかもしれませんが、
ご了承下さい。
[PR]
亀フェスを一層盛上げてくれる出店者の方々を紹介します。

<フード&ドリンク>

山小屋カフェ望仙荘   ビール/純米酒/ワイン/おいしいおつまみ
望仙荘も会場内でイベント営業。(店内は休憩所・ベビールームに)
おいしいお酒もあります!

カフェコブ(菰野) 菜食ごはん屋台スペシャル/ドリンク/スイーツ
こどもと一緒に楽しめるおしゃれなカフェ。
植物性の素材だけで作られる、ナチュラルスイーツも絶品です!

カリー河(四日市) カリー2種/チャイ
シタール奏者でもあるマスターが、インドで習得したカリーは本格的。
生姜をきかせたチャイもあわせて楽しめます。

ちきゅう食(名張中心) ベジカリー
素材にもこだわったヴィーガンカレー。炎と音のパフォーマンスも素晴らしい。
カラフルな車が目印です!
 
はらぺこあおむし(名張) マクロビお菓子
言わずと知れた、有機野菜と自然食品のお店。
毎月第3日曜日にオープンする「3sun cafe」もファン多し。

米粉パン工房 夢のなかの家事padmacafe(京都)
ベジバーガー/マクロビプレート  
そのまま食べてもおいしい米粉パンに、
テンペ等ベジタリアンも安心のおいしい具をサンド!

・きりん屋(松阪) 自家製天然酵母パン
じっくり時間をかけて醗酵させ焼かれたパンは、どっしりとしてやさしい味。
隠れ家的なお店も、パンの名前もかわいらしい!

ふじっこぱん(菰野) 自家製天然酵母パン
子供からお年寄りまでに愛されている、ふじっこぱん。惜しまれつつも
お店はしばらくお休みでしたが、菰野に移転し再開の日は近い?
 
フレイトレシピ(四日市) マクロビスコーン
動物性食品を使わずに作られるスコーン。ブログでは作り方も公開しています。
欧州民族音楽系オリジナル楽曲ユニット「山田晋吾とマキノリョータ」の
山田さんのお店です。

菓子とゆうじゅ (名張) ケーキ/焼き菓子/絵
名張でお菓子とことば、そして絵をキーワードに活動されているゆうじゅさん。
ゆっくり、丁寧に紡ぐゆうじゅさんのコトバ。お菓子からも聞こえてくるよう。
最近は「タベルエ」(食べる絵)を作られてますが、今回は食べられない絵も
見られるかも。

・I RIE HOUSE(アイ リー ハウス)(自由人)はやちゃん焼き
マサルさんと東ティモールも行きました。
音楽、お祭り大好き、はやちゃんのお店です!
 謎のはやちゃん焼き。。何を焼くのか、当日のお楽しみに! 

 
<クラフト&雑貨>

絵本とこども道具 kiwi(キーウィ)  絵本/おもちゃ/雑貨
望仙荘の奥でひっそり開店準備中。
自分たちでコツコツと小屋を改装しているので、オープンは未定。秋には。。

・KIORA(伊勢) キャンドル
イベントを中心に活動。
そのあたたかなヒカリはみんなのこころをやさしく照らします。


近隣のイベントでおなじみの皆さんですが、皆さん日々進化しています。
店舗数はもう少し増える予定です。また随時紹介していきたいと思います!
[PR]
台風が通過中です。
当地、三重県北中部は思ったほどではありませんが、
強い風が続いています。

亀フェス、雨天決行の予定ですが、実際、台風直撃したりしますと、
決行と言ってもいろいろ大変なことになります。

雨天、荒天での開催が難しいと判断した場合、
屋内別会場に場所を移しての開催にしたいと思います。
判断は天候を見て、2、3日前までに当ブログにて
発表したいと思います。
予定会場は亀山市関文化交流センター。
関駅から徒歩15分程、駐車場も完備です。
よろしくお願いします!

亀山市関文化交流センター
〒519-1117
三重県亀山市関町泉ヶ丘1011-1
0595-96-1201


[PR]
日本屈指のピアノ・マン。

忌野清志郎、小田和正、友部正人、有山じゅんじ、THE BLUE HEARTS、
真心ブラザーズ、ウルフルズ、山崎まさよし、、クラムボン、ハナレグミ、
BONNIE PINK、Leyona、おおはた雄一、ハンバート ハンバート、、
ツアーやレコーディングで関わったアーティストは数知れず、
そのアーティスト達から絶賛されるピアノの弾き語り。

そこから飛び出すのはニューオリンズの転がるリズム、ロックンロール、
ブギウギ、ブルースなどをルーツとするグルーヴィーなピアノ。
ソウルフルなヴォーカルからは絶妙な切なさの詩。。
繊細、しかしアグレッシヴな演奏、揺さぶられます!

この、「夜の3人」の橋とも言えるリクオさん、
月の庭でのライヴはマサルさんが亡くなった後だったのですが、
この時には中川、山口両氏も駆けつけ、歌と演奏、トークも含めて
素晴らしい、そして温かい夜でした。
この日にリクオさんのファンになった方も多かったと思います。

もちろん、亀フェスでも3人の共演が見られます!
何が起こるか、どんな曲が演奏されるのか、
楽しみにしていて下さい!

RIKUOオフィシャルサイト

9月10日に神奈川県湘南、江の島で行われるイベントに出演、
プロデューサーとしても関わっておられます。
中川さん、山口さんも出演、最高のロケーション、面白そうです!

海さくらミュージックフェスティバル2011
[PR]
ミクスチャーロックバンド、ソウルフラワーユニオンの支柱。

ブルース、ソウル、トラッド、民謡、、ロック、パンク、レゲエ、ラテン、、、
世界中の様々な音楽を取り込み、境界線を越えて表現して行く音楽性で
際立った存在であり続け、国内外問わず高い評価を得ています。

その活動はライブハウスからロックフェス、そして被災地、
基地問題に揺れる沖縄のビーチ、東ティモール、
パレスチナ難民キャンプから北朝鮮まで!
どこまでも行って見て、触れて紡ぎだされる曲は
生々しい強さに満ちています。

戦争、紛争、人権、環境と言った社会問題に対する発言から、
社会派と言われたりしますが、面白いと思う事をする、一緒に楽しむ、
当たり前の事を声に出すというそのスタンスは自然体。

民謡や労働歌、仕掛けられた流行ではない、本当に歌い継がれてきた歌もレパートリーに
多く取り入れられていて、これが、またすばらしい。

阪神大震災の時にはアコースティック楽器で駆けつけ、独自の震災基金を立ち上げ、
今もそれは東日本大震災に向けての活動となり、継続されています。
阪神大震災の際に山口さんと共作で作った、「満月の夕(ゆうべ)」は
被災地で見た風景と人々を歌っていて、今また聴きたい人がいるのなら、と
公式サイト上で公開されていて、聴く事ができます。

山口洋さんと結成した『ヤポネシアンボールズファンデーション』の名古屋ライブで
マサルさんと知り合い、以後度々月の庭を訪れています。
本格的に舞踏を始めたマサルさんは、度々ソウルフラワーのライブに
出演(半ば押し掛けてたり)していました。
また中川さんは自身のオンラインマガジンに追悼文を載せてくれました。

山口さん、リクオさんとのセッション、
力強いステージを見せてくれると思います!

ソウル・フラワー・ユニオン公式サイト
[PR]
地元を中心に、何組かのミュージシャンが駆けつけてくれることになりました。
出演の決定した方から順次、発表したいと思います。
出演時間は調整中です。

まず、地元三重県から、R&RチャンポンBAND、「おもろのきわみ」!
愛と平和と音楽と、音楽を楽しむ人達を愛してやまない平田雅士さん率いるロックバンド。
月の庭かほりさんをして「三重県で一番面白いバンド」と言わしめたバンドです。
盛り上げてくれるでしょう~。期待しています。


そして海の向こう、高知から矢野絢子さん。
ピアノの弾き語りで地元のライヴハウスをホームに活動する彼女、
毎年亀山に来てくれていて、鋭くも悲しい優しい歌詞、情緒溢れるメロディ、
力強い演奏とヴォーカルでいつも魅せてくれます。
亀山、野外では初。どんなステージを見せてくれるでしょう?


地元三重県桑名市、居心地のいいレストラン、FORUM。
食事に、カフェに、カウンターでお酒も楽しんで。もちろんライヴも!
おもろのきわみ、平田雅士さんはここのマスターであります。
Restaurant+Cafe FORUM


マサルさんと意気投合、家族と、仲間と、毎年亀山に訪れてくれる矢野絢子さん。
リクオさんと共演している彼女の歌も、聞き逃せませんよー。
矢野絢子オフィシャルサイト
[PR]
夜の部に登場の山口洋さん。

ロックバンド、HEATWAVEのギター、ヴォーカル。
ライヴを中心としたソロ活動で見せる素晴らしいギターテクニックと、
日々の光る様を描くソングライティングは全国にコアなファンを持ち、
そしてその各地にギター一本で(ほんとうに、くまなく)音楽の旅をしています。

ライヴの駆け上がるような集中力!ギタープレイ、歌、MCも含めて、
なんとカッコイイことか。

Mr.childrenの桜井和寿さんや矢井田瞳さんなど、
数々のアーティストが彼に影響を受け、またリスペクトされています。

中川さんとの共作である、満月の夕(ゆうべ)は95年の阪神大震災の被災地から生まれ、
多くのアーティストにカバーされて、歌い継がれています。
この曲、山口、中川両バージョンあるのですが、山口さんのバージョンは、
沢智恵さんやアンサリーさんもカバーしていますね。
先の震災に対しては、パリのファッションブランド、クロエとコラボレーション、
オリジナルグッスの売り上げを被災地に寄付する活動を行っています。


山口さんはファン主催のライヴ、歌の宅配便という活動を行っていて、
月の庭がその会場になったのが亀山で初めてのライヴでした。
ライヴ後の宴で山口さんとマサルさんは意気投合、今に至るご縁になりました。
月の庭主催のイベントで共演したネイティブアメリカンの詩人、トム・ラブランク氏と
CDリリースに至る等、思い出深いアーティストです。

アルバム[Live at Cafe Milton」に収録されている「life goes on」は
マサルさんを思って歌った歌で、遠くの友人に向けた思いが込もっています。
そして山口さんは自身の日記にマサルさんの追悼文を綴ってくれました。

山口洋さん出演の夜の部は、現在内容の最終調整中です!
中川さん、リクオさんとの共演が多くなると思います。
期待してて下さいね!


HEATWAVEオフィシャルサイト

youtube HEATWAVEチャンネル
[PR]
亀フェスまで残すところあと一ヵ月を切りました。

現在スタッフはアーティストと出店者との調整、
会場となるピーターパンの森では会場づくりを続けています。
ここで改めて出演アーティストの紹介をしたいと思います。

まずは、昼下がりからはじまる、パスカルズ。
当日出演メンバーのなかでは、ウクレレやボーカルの元「たま」知久寿焼さん、
チェロの三木黄太さん、坂本弘道さんは、以前、月の庭で演奏されています。
外で行う事も多かったライヴ、記憶に残っている方も多いのでは?
「たま」と言えば、パーカッションの石川浩司さんも、一度亀山にいらしています。

さてこの方々、言葉で説明するのはものすごく難しいのですが。。

扱う楽器を並べてみると、アコーディオン、ピアニカ、ギター、
ウクレレ、ヴァイオリン、バンジョー、リコーダー、チェロ、トランペット、
トイピアノ、アコースティックだけじゃありません、エレキギターもいます、
そしておもちゃの楽器、たぶん楽器でもない音のなるものまで、、
さらに動きます。踊ります。歌います。

パスカルズの名前の由来となっているパスカル・コムラードや、
映画「アメリ」の音楽を担当した、ヤン・ティールセンとも通じる、
前衛的トイ・ミュージックの世界。
もちろんパスカルズはフランスで絶賛され、
(フランス政府主催のイベントにも招かれている!)
欧州各国で高い評価を得ています。

独創的で大胆、知的で奇妙。寂しげで優しい。
驚いて、笑って、時々弾けて、時々しんみり。

楽しいだけじゃない、奇妙なだけじゃない、舞台芸術のようなステージ、
老若男女、見て聞いて楽しめますよー。
お子様連れの方にもおすすめです!

そうそう、最近NHK教育の「シャキーン!」で流れていた曲の演奏(とか犬の声とか)を担当していましたね。

バンマスのロケット・マツさんはじめ、
実力&個性派ぞろいです。

YOUTUBEにチャンネルがありますのでステージの模様を是非ご覧下さい。

亀フェス2011、パスカルズの出演時間は14時から15時30分の90分。
この日、ツアーファイナルとなります!お楽しみに!

YOUTUBEパスカルズチャンネル

パスカルズ公式サイト
[PR]
フライヤーが届きました!

亀フェスなので、亀です。かわいいです。

b0225082_22253616.jpg


b0225082_22261036.jpg

デザインは、印刷物やwebデザイン、切り絵やイベントのデコレーション
などで活動しているトランキュランさんにお願いしました。
以前月の庭のショップカードを作ってもらっていたり、なにかと縁のある方です。

自然のかたちや、心象風景を切り抜いたような表現は
いつもとてもやわらかく、どこかなつかしくて、
今回も奇麗な色の、素敵なデザインに仕上げて頂きました。

順次近隣ショップ、カフェ等を中心に配布開始します!

トランキュランさんのブログをリンクに追加しました。
一度のぞいて見て下さいね。

websiteはこちら。。
====トランキュラン====
光と影 色とカタチをテーマに、絵をつくっています。
喜び・祈り・祝い・想いをかたちにしています。 すべてのつながるいのちに
[PR]
b0225082_2111686.jpg

b0225082_21122471.jpg

山小屋カフェ望仙荘・キャンプ場ピーターパンの森。
カフェ?でキャンプ場?
そう、どっちもです。

もともと30年ほど前に作られたキャンプ場と、管理棟でありました。
年に数回しか使われない状態、草木が伸び、倉庫のような状態の建物を、
現管理人、店主夫婦がコツコツと再生させました。

ランチセット「山小屋のお昼ごはん」とスイーツ、
土日には石窯ピザを楽しめます。

b0225082_212102.jpg

ある日のランチ。自分達で育てたお米、近隣の信頼できる有機農家さんの
野菜を中心にした、菜食ランチです。
丁寧に作った料理、とってもおいしいですよー。

そして休日限定、石窯ピザ。
b0225082_2172073.jpg

b0225082_2174788.jpg

石窯から手作りし、薪で焼くピザは最高です!
これからの季節、外で昼間からビールとか。。いいですよ。


そして、屋外。ピーターパンの森。
望仙荘から一段下がった、会場となる森のサイトはこんな感じ。
b0225082_2114336.jpg

今日はたくさんのキャンプ客で賑わっていました。
ステージ、屋根も現地の木を使い、建設中。
b0225082_21285684.jpg


そして、そのまま坂を下ると、川へ降りられます。
b0225082_21314991.jpg

辺り一帯の谷、石水渓は、鈴鹿川の支流、安楽川上流の渓谷。
三重県と滋賀県の県堺である鈴鹿山脈の一つ、
仙ヶ岳南麓から流れ出る清流は、観光名所であります。

上流にはなにもないのでとてもきれいな水。
シュノーケリングでたくさんの魚を観察できます。
子供達にも大人気です。

夏は人がたくさん来て、水も木も太陽も元気で、
活気があります。
夏の間にも是非、食事と自然を楽しみに来て下さい。


あっと、、
望仙荘の奥の元バンガロー(倉庫?)では「絵本とこども雑貨・kiwi」が
オープンヘ向け、工事中。。こちらも乞うご期待!
b0225082_21463626.jpg

[PR]
会場となる、「山小屋カフェ望仙荘・キャンプ場ピーターパンの森」
までの付近の道、風景を紹介します。

三重県北部の幹線道路、国道306号線。
ここに、「石水渓」の文字が。望仙荘は亀山随一の景勝地、石水渓の入り口にあります。
b0225082_21485193.jpg


信号を曲がると、田んぼと山。
b0225082_2151278.jpg


川沿いの気持ちいい道、地元の子ども達も多いので運転には
気をつけて下さいませ。
b0225082_21531395.jpg


民家も途切れますがまだまだ真っすぐです。
新名神高速道路をくぐります。
b0225082_21542991.jpg


右手に、亀山市の野外研修施設(キャンプ場)が。
b0225082_2054419.jpg


それを過ぎてすぐ隣が、入り口。ちょっと分かりにくいかもしれません。
b0225082_2056038.jpg


レインボウ。これが目印です。
b0225082_21564519.jpg


山小屋カフェ、望仙荘。
b0225082_2212862.jpg


望仙荘では、ランチセット、「山小屋のおひるごはん」とおいしいケーキ、
休日は石窯ピザを楽しめます。
これからの季節、外で食事も気持ちいいですよー。

敷地内には木陰あり、広場あり、川ありと、いろんな楽しみ方ができるのですが、
そんな望仙荘とピーターパンの森については、また後日に。。
[PR]
亀フェスは、こんな経緯で始まりました。

月のつながり。

三重県亀山市に、月の庭というお店があります。
早くからオーガニック食材と無添加の本物のお酒を扱ってきたレストランです。
オーナー夫婦は反原発運動や人権、環境問題に声を上げ、地域社会について考え、
決して排他的でなく、そして音楽やアートが好きで、
月の庭は様々な人達が集まる場所になりました。

オーナーの岡田昌さんが、がんで亡くなってから2年と半年が過ぎようとしています。
9月25日というのは、そのマサルさんの誕生日でした。
生きていたなら、50歳。
その日に、盛大に祭りをやろうや!と、マサルさんと親交のある地元アーティストの方から話が出たのが去年の暮れ。

そして少し前から、いつか亀山で祭りをやろう、と話していたところでした。
機運に恵まれたというか、いいきっかけかもしれません。
話はトントンと進み、月の庭と縁のある、びっくりするくらいのアーティスト達が出演して下さることになりました。


口火を切るのは、パスカルズ。
オモチャの楽器やピアニカ、バイオリン等を使い、踊ったり転がったり。
総勢15人のオーケストラは、独創的で大胆、知的で奇妙。寂しげで優しい。
驚いて、笑って、時々弾けて、時々しんみり。超一級のエンターテインメントです!
ここでツアーファイナルとなります!

そして日が暮れてからは、

数多のジャンルを胯にかけ、ミクスチャー・ロックバンドとして、
国内外で高い評価を得ているソウルフラワーユニオンから、中川敬さん。

日々の光を描く詩と、比類なきギタープレイから生み出される楽曲が、
世代やジャンルを超え多くのミュージシャンから絶大な支持を集めている山口洋さん。

ニューオリンズピアノ、R&R、ブルース、ジャズ等に影響を受けた
グルーヴィーなピアノスタイルと、ソウルフルなヴォーカル、
切なさのつぼを押さえた楽曲で、世代・ジャンルを越えて支持を集める
ピアノ・マン、RIKUOさん。

それぞれがトップランナーであり、親交あるこの3人が、一同に会します。


会場となるのは、自然豊かな鈴鹿山系の麓、
石水渓にリニューアルオープンした、山小屋カフェ望仙荘。
キャンプ場として利用できる敷地の中で、会場作りが進行中です。

月の庭はこの6月で閉店することとなり、震災、原発問題に
世の中の価値観が揺らぐ今、
自分達が大事だと思う事を、発信していく時だと感じています。

ステージに上がるアーティスト達は、忘れられないパフォーマンスを見せてくれるでしょう。
集まる出店者達も最高のはず!

豊かな自然、すばらしい音楽、おいしい料理、集まる人、、
楽しいのは勿論。そこで出会う何かが、力になる。
そんな記憶、そんな体験、そんな時間を、
スタッフ、出演者、お客さんと過ごしたい。
そう思って、準備を進めています。
たくさんの出会いを、楽しみにしています。

亀フェス実行委員会
[PR]
三重県亀山市。

ここから始まるフェスティバル。

川のせせらぎ、木々のざわめき、おいしい料理、最高の音楽!

ここで出会うものを、訪れた人たちが力にできたら。
そんな記憶、そんな体験。


亀フェス2011〜月のつながり〜

日時 : 2011年9月25日 (日曜日) 
     12時開場  14時開演  21時終演 予定
     雨天決行!
場所 : 山小屋カフェ望仙荘 キャンプ場ピーターパンの森
     三重県亀山市安坂山町 1191−18
料金 : 前売り  ¥3500
     当日   ¥4000
     小学生以下無料
出演 : PASCALS
     中川敬
     山口洋
     RIKUO
      and more!!

主催 : 山小屋カフェ望仙荘 亀フェス実行委員会

予約、お問い合わせ : 山小屋カフェ望仙荘 
            0595-85-1613 (11:00〜18:00 水木 定休)
             http://bousensou.jimdo.com/

12時からは、手作り雑貨やカフェ出店でお楽しみ下さい!


実行委員会からのお知らせとお願い。

会場付近の駐車場には数に限りがあります。できるだけ乗りあわせてご来場下さい。
(公共交通機関は終演時間に便がありません。)

会場は川と木々に囲まれたキャンプ場です。
トイレ、休憩場、授乳、オムツ替えコーナーはありますが、
ごみ箱はありません。持ち込まれたごみは各自、持ち帰るようお願いします。

マイ箸、マイカトラリー、マイカップ、ディッシュの持参をお願いします。

山間部なので夜は冷えるかも知れません。軽い防寒具の準備をオススメします。
妊婦の方、乳児連れの方はイスの持ち込みOKです。子供達にもgoodmusicを!

出店者、アーティスト情報、スタッフレポートなど、詳細は随時アップしていきます。

乞うご期待!
[PR]
←menu